だれかの、なにかに、役立てるウェブ制作者YoTaの趣味ブログ

Google Tag Managerの管理アカウントを変更した時の手順まとめ

先日、Googleアカウントの掃除をしようと、新規にアカウント作成をして、これまでのデータを引っ越しすることにしました。

タグマネージャー(GTM)の権限変更ができるか心配でしたが、いざやってみたらカンタンだったので、やり方を紹介したいと思います。

Googleタグマネージャーの管理アカウントを変更してみた!

とくに難しいことはなく、以下の流れで完了します。

移転元GTAGアカウントのユーザー管理を開く

「ユーザーを追加」で、移転先GTAGアカウントにした新規GアカウントのGmailを追加する。その際、「管理者」の権限をチェックボックス指定し、さらに「コンテナの権限」ですべての権限をチェックボックスでオンにする。

新規GアカウントのGmailで承認URLを踏む

新規GTAGアカウントを開き、旧GTAGアカウントの権限を削除し、ユーザー管理から削除する。

終わり!

また、アカウントを変更しても、各サイトにはコンテナを設置しており、そのコンテナIDは変わらないので、サイトごとの変更などは必要ありません。

とても便利です。

ページ上部に戻る