だれかの、なにかに、役立てるウェブ制作者YoTaの趣味ブログ

ロレックスは負債? 3~5年ごとにオーバーホール費用が約7万円かかることを知っておこう

ロレックスのような高級時計の多くは機械式時計です。そして、機械式時計は、3~5年ごとにオーバーホール費用という車検のようなメンテナンス費用が必要となります。

つまり、機械式時計の購入は、その時の買値だけでなく、その後のメンテナンス費用も考えて買わないといけない、ということです。

オーバーホール費用を知ったきっかけ

先日、時計屋にて、前から欲しいなと思っていた、ロレックス・ミルガウスの下見に行きました。

そして、購入意欲を高めるために試着をさせて頂き、「やはりカッコいいなー、買おうかなー」なんてことを考えていたところ、店員さんからこんな一言が。

「お客様。ロレックスのメンテナンスのことはご存知でしょうか」

「メンテナンスって、オーバーホールとかのことですか?」

「はい、その通りです。ロレックスは、3年~5年ごとに、メンテナンスが必要なんです。いわゆる車検のようなもので、これが1回7万円ほどかかります

「な、ななまん……えっと、ちなみにメンテナンスさぼると、どうなりますか?」

「もし、あとから致命的な故障などが起きますと、安く見積もっても10万円以上の修理費がかかります。ですので、定期的にメンテナンスされることをおススメしています」

「ほ、ほほう……」

って具合のやりとりでした。

自動巻き時計には定期メンテナンスがつきもの

自分がなんとも無知なもので、後から調べて分かったことが、自動巻きの時計自体、メンテナンスがつきもの、ということでした。

自動巻き=機械部品で動く=マメに油を刺すなどしないと調子が狂いやすくなる、という感じです。で、そのスパンがだいたい3年ごと。金額は時計の種類にもよってかなり異なり、およそ3万円~8万円ほどだそうです。

詳しくは以下の記事様を読んだ方が分かりやすいです!

結局、ロレックス買うの? 買わないの?

……。

……。

……。

さらばロレックス!!

理由はもちろん、メンテナンス代金も気になりますが、3年ごとに業者に持っていく手間もまた面倒くさいためです・・・。

うーん。やはり面倒くさがりで庶民の自分には、クオーツかソーラー電波が良さそうです。

だけどロレックス自体には投資価値がある

高級時計にかかるオーバーホール費用は負債にも近いものですが、しかしロレックスは日本での人気がすさまじく、だいたいの商品が買っておけば数年後にプレミアがついて、買値以上になったりします。

高級時計投資としても話題ですので、単純に負債となるとも言いにくいです。購入した種類にもよりますが、人気高騰となると価値も爆上げで、むしろプラスです。

まとめ

ロレックスなどの自動巻き時計を買おうとしている人は、メンテナンス代のこともぜひ知っておいてください!

自分はすっかり購入意欲が失せてしまいましたので・・・。

ページ上部に戻る