だれかの、なにかに、役立てるウェブ制作者YoTaの趣味ブログ

エドワードクラブとは? 入会方法・他人に権利譲渡する方法などカンタン解説!

エドワードクラブは、タグ・ホイヤー国内正規品の所有者だけが無料加入できるアフターケアサービスです。登録すると、国際保証期間を+2年も延長できたり、メンテナンス・オーバーホールをずっと会員特別価格で受けられます。

また、エドワードクラブの権利は時計と一緒に、第三者へ譲渡できますので、そのやり方も紹介します。

エドワードクラブって何? どこにあるの?

ネット上のサービスです

実店舗があるわけではなく、ネットから申請できるサービスになっています。

入会するメリットは?

大きく二点あります。

  • 製品の国際保証期間を+2年延長できる
  • オーバーホールなどメンテナンス費用を会員価格で割引できる

要するに、「購入後も安心して使えますよ」というアフターケアサービスとなっています。

注意点「登録できるのは国内正規品だけ」

エドワードクラブに登録できるのは、タグ・ホイヤーの国内正規品だけです。

海外で購入したものや、並行輸入品(海外購入品を日本で通常価格より大幅に安く売っているもの)など、国産正規品以外のタグ・ホイヤー時計計を買ってもエドワードクラブには入会できないので気をつけましょう。

エドワードクラブの入会方法

公式サイトから登録

先ほどの公式URLを開くと、すぐにレファレンスナンバーとシリアルナンバーの入力画面があるので、打ち込んでいきます。

エドワードクラブ タグ・ホイヤー 国内正規品 登録方法

レファレンスナンバーとシリアルナンバーって何? どこに書いてある?

購入した腕時計本体に、必ず刻印されています。
たとえばカレラのキャリバー5だと、下図の位置にあります。

レファレンスナンバーは、その時計の種類を示すものなので、同じ種類の時計であれば、他の人と同じ番号になります。シリアルナンバーは、その時計にだけ付与される固有のIDですので、他の人と同じ番号になることはありません。

個人情報を入力

個人情報とメールアドレス(必須)を入力すると、カンタンに登録完了します。

エドワードクラブ タグ・ホイヤー 国内正規品 登録方法

登録完了

これで、会員特典を受けられるようになります。

エドワードクラブ タグ・ホイヤー 国内正規品 登録方法

また、このエドワードクラブの会員権利は、腕時計を誰かに譲ったり、中古売却した際、一緒に譲渡できますので、そのやり方も紹介します。

エドワードクラブの権利を他の人に譲渡して再登録する方法

まずは譲渡する側が退会する

ログインした画面の右下あたりに「退会される方はこちら」というテキストリンクがあるので、ここから退会処理をします。

エドワードクラブ タグ・ホイヤー 退会方法

退会処理の画面では、会員登録時に入力したメールアドレスを打ち込むことで退会ができます。(メールアドレス忘れないようにしておきましょう!)

エドワードクラブ タグ・ホイヤー 退会方法

譲渡される側が登録する

退会処理が終わったら、腕時計をもらった側の人が、また普通にエドワードクラブに登録すればOKです。

エドワードクラブ タグ・ホイヤー 権利譲渡 他の人 再登録方法

セキュリティは大丈夫?
エドワードクラブは、レファレンスナンバーとシリアルナンバーの情報2点だけでログインできます。なんだか個人情報が心配ですが、しかし、じつはログインしても、個人情報に関する記載は一切表示されないので、安心です。会員ページには情報送信フォームしか表示がなく、その情報を送られるエドワードクラブ本部のほうだけで個人情報を取扱しているためです。退会する場合も、登録してあるメールアドレスを入力しないと退会できないので、第三者がログインしたところで、登録時のメールアドレスがわからなければ退会処理もできません。

腕時計を譲る時は必ず事前に退会!

退会する前に腕時計を相手に渡してしまうと、レファレンスナンバー・シリアルナンバー・登録時メールアドレスの情報3点をメモして控えていない場合、退会処理ができなくなってしまいます。必ず、渡す前に退会しておくようにしましょう。(最悪は連絡を取り合えば退会できますが、知り合いならともかく、フリマアプリなど全く知らない人に渡す時は面倒になるので取引評価に影響してしまうかもしれませんので。)

まとめ

エドワードクラブは、腕時計と一緒に、だれかへ譲渡できます。

つまり、国内正規品のタグ・ホイヤー時計は、中古で買っても、エドワードクラブの権利譲渡をしておくことで、ずっと正規店のメンテナンスやオーバーホールを割引価格で受けられる、ということです。

中古で買ったり、誰かにもらっても、長期間にわたって安心して使い続けられるメリットがあるので、エドワードクラブへの入会を忘れないようにしましょう!

参考リンク

ページ上部に戻る