だれかの、なにかに、役立てるウェブ制作者YoTaの趣味ブログ

win10 動作が遅い時の高速化に「一時ファイルの削除」

windows10では、色んな処理作業の中で発生する不要なファイルがあり、それらは一時ファイルとしてストレージ上に蓄積されます。

日常的には小さいサイズですが、1年~2年と長期間になるとサイズも大きくなるので、たまに掃除してあげるとストレージに余裕が生まれて、微々たるながらも高速化への一助に繋がります。

一時ファイルの削除方法

スタートメニューの歯車アイコンをクリック(もしくは「windowsキー+I」のショートカット)し、「システム」→「記憶域」の画面から「一時ファイル」を選択します。

読込完了後、一時ファイルのリストが表示されるので、削除するものを選択して「ファイルの削除」をクリックするとクリーンアップされます。

削除するとユーザー側が困ってしまう可能性のある重要データについては、チェックボックスが外れているので、基本的にはデフォルト設定のまま掃除して大丈夫です。

上記の場合、過去のバージョンに戻す必要がなければ、「以前のwindowsのインストール」を削除すると、だいぶデータに空きが生まれます。(このへんは、きちんと調べた上で、自己責任で実施しましょう。)

ページ上部に戻る