だれかの、なにかに、役立てるウェブ制作者YoTaの趣味ブログ

株で初めて一撃100万円超えの利確をした体験談【ほぼテンバガー】

2019年に株式投資をスタートして、はや1.5年ほど。先日、初の一撃100万円越えができました。

具体的には、コロナショックで14万円台だったGMOクラウド(現在はGMOグローバルサイン)を購入しており、それが130万円で売却できたので、記念にまとめてみました。

GMOクラウドの株で一撃100万円を達成した体験談

チャート

グラフで示すと、下記部分での売買取引で、キャピタルゲイン(利益)を得られました。


(細かい指定ができないので、グラフ内の数字は誤差あります。)

取引履歴

こちらが実際の画面です。

正しい数字は下記の通りです。

取得価格:1,474円
売却価格:13,050円
差額:+11,576円

1株11,576円の利益なので、100株1,155,760円の利益となりました。

税金で20%ほど持っていかれてしまうので、手取りだと厳密には100万円達成していませんが、ひとまず額面上は達成しました。

GMOクラウドを買っていた理由

2020年3月のコロナショックでは、色んな銘柄が総じて暴落していたので、自分はその時に優待の良さそうなものを買い漁ってました。その中で、GMOクラウドは、総合利回りが10%を余裕で超えていたので100株だけ買っていました。

配当金やGMOクリック証券の手数料キャッシュバック、また、GMOクラウド自社サービスを半年5,000円まで無料利用できたので、VPSサーバーでなんかいじって遊ぼうかなーくらいに思っての購入です。

なので、もともとはキャピタルゲイン目的ではなく、ずっとガチホする長期保有目的での購入でした。

手放した理由はテンバガーに近いから

連日、ものすごく株価が上昇しており、長期保有かキャピタルゲインか、とても悩みました。

そして、GMOクラウドの株価がいよいよ10,000円を超えてきたので、自分の中で「もし利益100万円を超えるラインになったら売ろう」と思い、2020年10月、その実施日となりました。

じつは売った翌日、14,000円まで高騰したので、あと一日ほど待って売れば最高値だったのですが、しかし、その数日後には暴落を始めたので、売り時としては、そんなに間違っていなかったのかと思います。

自分の株投資は長期保有が軸ですが、さすがに今回のようにテンバガー近くの株価上昇があった時は、キャピタルゲインのほうが圧倒的に費用対効果が高いので、即断できました。

ダブルバガーやトリプルバガー程度の含み益であれば保有を続けますが、テンバガー近くの上昇は、やはり別格ですね。その利益分で、堅調な配当金銘柄に再投資したほうが総合利回りも高くなります。

欲をいえば、もっと枚数を持っていれば利益もすごかったのですが、自分の投資方針は「長期・分散・利回り」なので、贅沢をいってはいけないですね。損してないし、100万円でも利益になったなら上々かと思っています。(漂う小物感)

感想

自分はキャピタルゲイン目的で投資をしていなかったので、今回の一件は「棚からぼた餅」という感じで、かなりのラッキーでした。

正直、クリックして確定した時の射幸心はやばかったです。

たった100万円でこれだけの気持ち良さなら、一撃数百万円、一撃千万円、一撃億円単位の利益を出したりしたら、もう通常の労働生活に戻れなくなってしまうなーとも感じました。

WEB制作の場合、規模感にもよりますが、BtoBでの小~中規模程度のwordpressサイト制作(フルスクラッチ)の相場が、だいたい100~200万円くらいで、制作期間も1~2ヵ月とかかります。

それが、株投資だとカンタンなクリック操作だけで一瞬です。

お金はお金のあるところで回っている、というのはその通りだなーと、あらためて思いました。

ちょっとむなしくなるような話ですが、しかし、自分はWEB制作自体が好きなので、今後の人生において、そこの価値観はなくさないように気をつけていきたいところです。

ただ、お金の稼ぎ方は本当に色々あるので、「人生の収入=仕事一本」というスタイルにはならないよう、色んな勉強は継続していきたいと思います。

現状、自分の場合は、

・WEB制作
・ブログやアフィリエイト
・色んな雑務
・株投資

といった人生の分散設計をしています。

知っていれば稼げること、知らないとダイレクトに機会損失になってしまうことが、世の中にはたくさんあるんだなーと思った次第でした。

ページ上部に戻る