だれかの、なにかに、役立てるウェブ制作者YoTaの趣味ブログ

楽天証券で米国株を初めて購入! 買い方の手順まとめ

2021年1月初旬、ようやく初めての米国株を購入しました。

楽天証券で買ったので、その時の作業画面を記念にキャプチャーしてみました。これから買う方の参考になれば幸いです。

初めての米国株を買ってみた!

まずはドルの準備

楽天証券では、いきなり米国株を買うことができますが、その場合は円貨決済の取引となり、ドル円価格がその時点のものになります。

もしドル円価格で、希望のレートがある場合は、事前にドル購入をしておくことで、そのドルを使った外貨決済ができます。

米ドルの買い方は、こちらの記事に書いていますので、参考にしてみてください。

いざ米国株の購入へ

記念すべき初めての銘柄は、コーンフロストで有名なケロッグにしました。

下図のように「数量」、「価格」などを入力して、取引を進めます。米国株は1株から買っていけて、セント単位での入力があるので、そこがポイントです。

米国株 買ってみた 楽天証券

今回はお試しで5株を買ってみます。指値は61.30USドルです。

米国株 買ってみた 楽天証券

その日の夜に約定していました。

米国株 買ってみた 楽天証券

手数料は、売買成立時にパーセントで発生するようです。NISA枠で売買しても発生するので気をつけましょう。

とてもカンタンに買える!

最初はドキドキものでしたが、いざ買ってみると、国内取引とほとんど変わりなく、とてもお手軽に売買できました。

ドルの安い時に買い溜めしておいて、株価のちょうど良いタイミングで買い物できるとオトクになりそうです。ちなみに、記事執筆時点で、微妙に含み損です。その後、株価が下がりました。なんていうことでしょう。でも、気にせずに、ずっと長期で握りしめます。

なんでケロッグ買ったの?

正直、適当です。

コーンフレーク好きだし、コロナの巣ごもり需要あるし、配当も年4回&利回り3.7%前後でなかなかだったし、株価チャートもそんなに大きく変動する銘柄ではなかったので、長期保有向きと判断したからです。

財務は少し借金多めで心配ではあるものの、まあ事業内容的に大丈夫そうかなーと、楽観的にポチりました。

まとめ

米国株は億劫にも感じますが、いざ買ってみると楽なものです。

もちろん、すべて自己責任にはなりますが、今は円高になりつつあり、米国株も面白い状況なので、少しつまんでみるのも良いのかと思います。

ページ上部に戻る