だれかの、なにかに、役立てるウェブ制作者YoTaの趣味ブログ

【2021年】予算10万円コスパ重視で組んだ自作パソコンの構成パーツ一覧

2021年、初めての自作パソコンに挑戦してみました。

予算10万円ほどで、PhotoshopやIllustrator、各種コーディングなどweb制作が快適に動作させられる構成を目的に、CPU「i5-10400F」を軸にした構成にしましたので、一覧で紹介します。

自作PCを構成するメインパーツ一覧&購入価格

購入した主要なパーツ一式がこちらです。

自作パソコンの構成パーツ一覧

商品名と価格を一覧できるように、下記テーブル表にまとめました。

自作PCのパーツ構成一覧
種類 購入パーツ 価格 P還元 小計
OS windows10 pro 25,802 3,225 22,577
CPU Core i5-10400F 18,880 1,416 17,464
マザボ MSI MAG B460M BAZOOKA 9,780 734 9,047
グラボ GeForce GTX1660 SUPER 24,794 3,595 21,199
メモリ Crucial DDR4-2666 16GB*2 11,948 896 11,052
SSD Crucial 2.5インチ 500GB 6,080 699 5,381
電源 THERMALTAKE 600W SMART 5,478 630 4,848
PCケース SILVERSTONE SST-FAR1B-G 6,462 896 5,566
CPUクーラー 虎徹 MarkⅡ 4,250 904 3,346
楽天買い回り特典など+αのP還元 - 11,000 -
合計 113,474 23,995 89,479

出費自体は11万円近くと、予算10万円を少しオーバーしてしまいましたが、しかし、2020年12月の楽天スーパーセールを利用したことでポイント還元を大きく得られて、実質は9万円ほどで自作PCのパーツ一式を揃えられました。

もう少し安くすることも可能

自分は、OSのwindows10 proとCPUクーラーの虎徹markⅡ、それから16GBメモリを2枚組で使ってみたかったので購入しましたが、普通の人は、windows10はproでなくHomeで十分ですし、CPUクーラーもi5-10400Fなら付属のクーラーで十分ですし、メモリも16GBあれは十分だと思うので、買う必要はないかもしれません。

これらがいらないって人は、その分、さらに安くできると思います。

その他、細かい外付けパーツなど一覧

こちらは元々、自分が持っていた外付けパーツの一覧です。

自作PCの外付けパーツ一覧
種類 所有済パーツ 価格
光学ドライブ BUFFALO DVSM-PLV8U2-BK/N 2,000円ほど
マウス Logicool M575GR 6,000円ほど
キーボード 東プレ REALFORCE 91UG-S NG31BS 20,000円ほど
USBメモリ USBメモリ 32gb 1,000円ほど
モニター LG 22MP48HQ-P 10,000円ほど
LANケーブル LANケーブル 1,000円ほど
無線LAN TP-Link Archer T2U Nano 1,000円ほど
Bluetooth TP-Link Bluetooth UB400 1,000円ほど

パソコンを起動するには、当たり前ですが、モニターやマウス、キーボードなどが必要ですので、持っていない人は準備する必要があります。

どのような考えでパーツを選ぶべきか

次の記事で、パーツごとの選び方や判断基準を紹介していますので、自作パソコンで、どのパーツにするか迷ってしまう方は参考にしてもらえればと思います。

また、さっさと組立などを読みたい方は、下記リンク集をご活用ください。

ページ上部に戻る