だれかの、なにかに、役立てるウェブ制作者YoTaの趣味ブログ

自宅オンラインのIBT試験はカンニング可能? 実際にテストを受けてみた感想

先日、カラーコーディネーター検定試験のスタンダードクラスを受験したのですが、それが初めてのIBT試験でした。

実際に受けてみた時の感覚で、「カンニング」ができるのかどうか考察してみたので、参考に紹介したいと思います。

オンライン試験のカンニングは可能?

正直できちゃうかもしれない…

自分が実際に受けた時の率直な感想としては、現状の試験体制だと「やろうと思えばカンニングできちゃうかも…」と思いました。

というのも、試験前に自室の様子をwebカメラで360°撮影して映すのですが、その後、とくに自室の様子を撮影することがないからです。

そのため、解像度の悪い安物webカメラなどを使っておけば、画角も狭くできますし、自分の部屋ということもあって、試験を開始するまでに色んな悪い準備ができちゃいそうに感じました。別の部屋だったり、自室のクローゼットに協力者を待機させたりすると、なかなか手の込んだこともできちゃいそうです。

ただ、試験官もモニター越しとはいえ、しっかり監視しているとは思うので、変な音が入ったり、露骨な視線移動、不審な動きをすれば指摘されるので、やはりカンニング自体の難しさはあると思います。

自分は、素直に勉強して合格したほうが近道だと思います。

当たり前だけど絶対やらないほうが良い

これからオンライン試験は主流になっていくかもしれないので、色んな分野からのカンニング対策のアプローチも現在進行形で進んでいます。

試験中、不審な動きが目立つと、AIが自動的に不正監視をしてくれるようなサービスも出てきているので、今後どんどんカンニングは難しくなっていきます。

また、カンニングが発覚すると、その団体の資格試験を今後受けられないペナルティなども考えられるので、あんまりリスクとリターンが伴っていないと思います。

まとめ

最後に注記しておきますが、大前提、カンニングは絶対やっちゃダメです。

現状のIBT試験はできそうだなーという感じもありますが、そんなことして合格しても何の意味もありません。ちゃんと勉強しましょう!

ページ上部に戻る